Innovation

Developer

People with Physical
Disabilities

生活支援
ロボットコンテスト
Life Support
Robot Contest

下半身麻痺等の障害があり、介護者の支援が無ければ日常生活が送れない方が、介護者の支援がなくとも日常生活を送ることができ、最終的には車いすを使わずに生活できるように、「障害者支援ロボット分野」における技術開発、製品化の加速が本コンテストを開催する第一の目的です。

1人で生活している家を想定した競技会場を用意し、日常生活における起床から就寝までのさまざまな活動を課題として設定し、参加チームに所属する障害者が支援ロボットの支援により課題の達成を競います。

Purpose of this contest is accelerating the development and productization of technical assistance systems for people with paralysis of the lower half of the body to complete activities of daily living without a wheelchair and caregiver’s support same as physically unimpaired people.

A house assuming a single living home will be installed in indoor venue. People with paralysis compete each other and challenge everyday activities using technical assistance systems that they and their team have developed together.

賞金総額 1 ,000,000ドル
1 ,000,000 USD
Total Prize

課題毎に賞金を設定し達成したチームが受け取ります。賞金総額は1,000,000ドルを予定しています。
実用的なアイディアを広く世界レベルで収集するには、高額な賞金設定が必要ではないかとの仮説に基づきます。
また、競技形式での切磋琢磨が技術開発を加速すると考えます。

Prizes are set for each task, and teams that accomplished the task will be awarded the prize. Total amount of the prizes will be 1,000,000 US dollars.
Based on the hypothesis, an expensive prize is necessary to collect outstanding practical ideas and technologies widely at world level.
When each team improves themselves through competition, technological development will be accelerated.

コンテスト課題
Contest Tasks

日常生活を想定した活動を切り出し、10の課題を設定します。
支援ロボットは、抱きかかえて搬送するようなものだけでなく、外骨格系ロボットを装着
するもの、FESによる機能再建をするもの等制限を行いません。

10 everyday activities will be set as contest tasks.
Technical assistance systems can be any types, such as a robot capable of carrying an individual,
an exoskeleton robot and a FES robot.

  • 夜中のトイレ

    Going to bathroom in the middle of the night

    Tasks

    1. 1. ベッドからトイレに移動
    2. 2. 用を足す
    3. 3. ベッドに戻る
    1. 1. Getting out of bed and moving to the bathroom
    2. 2. Using the bathroom
    3. 3. Going back to the bed
  • 宅配便の受取り

    Receiving a delivery box

    Tasks

    1. 1. インターホンに応答する
    2. 2. 玄関に行く
    3. 3. 荷物を受け取る
    4. 4. 冷蔵庫に入れる
    1. 1. Answering an intercom
    2. 2. Moving to the entrance
    3. 3. Receiving a package
    4. 4. Putting the package in the fridge
  • 帰宅後の入浴

    Returning home and taking a bath

    Tasks

    1. 1. 服を脱ぎ湯船に浸かる
    2. 2. シャワーを浴びて体を洗う
    3. 3. 風呂場を出て体を拭く
    4. 4. 服を着て髪を乾かす
    1. 1. Taking off clothes and soaking in the bath
    2. 2. Taking a shower and wash body
    3. 3. Wiping body
    4. 4. Putting on clothes and drying hair

etc...

コンテスト実施期間
Contest Period

2020年 夏
Summer 2020

コンテスト会場
Contest Venue

茨城県つくば市

Tsukuba, Ibaraki Pref., Japan

スケジュール
Schedule to 2020

  • Comming Soon...

見学
Observation

Comming Soon...

FAQ

課題について

Comming Soon...

競技全般

Comming Soon...

その他

Comming Soon...
Comming Soon...

背景 / Concept and Current Issues

  • ・加齢や病気、事故等の原因で下半身麻痺となり車いすの生活になる等、日常生活を送るうえで介護者の支援が必要な方は、今後高齢化が進む日本だけでなく世界的に増加します。
  • ・介護による離職者数は1年間で10万人にのぼり、特に女性を中心に働き手の減少となります。
  • ・介護のための介護者を外部に依頼する場合はその費用が家計の負担となります。
  • ・介護を受ける側においても、日常的に人の手を借りないと生活ができないということは精神的な負担となり、自主的に行動に制限をかけることにもつながります。
  • ・身体的な障害に対して、健常者の生活に戻るための機器等の開発は、市場規模から投資がされにくい分野である。
  • ・People with paralysis of the lower half of the body, resulting from aging, diseases or accidents, requiring assistance from caregivers in their everyday lives will increase not only in Japan, but also worldwide.
  • ・More than 100,000 people leave their jobs for nursing care every year in Japan, and this causes decrease in number of especially female workers. In addition, hiring a professional caregiver increases a financial burden of the household.
  • ・The fact that people with paralysis of the lower half of the body need caregiver’s assistance on a daily basis could be a mental burden and restrict their activities.
  • ・Investment to develop a technical assistance system for people with disabilities is limited since companies do not usually invest on social issues where profit can not be expected.

ゴール / Goals

  • ・下半身麻痺等の障害があり、介護者の支援が無ければ日常生活が送れない方が、介護者の支援がなくとも日常生活を送ることができ、最終的には車いすを使わずに生活できるように、「障害者支援ロボット分野」における技術開発、製品化の加速が第一の目的です。
  • ・日本の企業の優れた技術が海外へ流出することの防止、逆に海外の優れた技術の集積によるイノベーション機会の向上も狙います。
  • ・Accelerating the development and productization of technical assistance systems for people with paralysis of the lower half of the body to complete activities of daily living without a wheelchair and caregiver’s support same as physically unimpaired people.
  • ・Preventing an outflow of prominent Japanese technologies overseas and expecting further technology improvements by getting inspired by world’s superior technologies.